ブラジリアン柔術初心者の方へのアドバイス

ブラジリアン柔術をはじめたばかりの方がスパーリングをした際に悩む事でよく耳にする言葉は「何をしていいのか分からない」です。

自分自身も柔術をはじめた頃は全く同じ言葉が出ていたと思います。

特に柔術初心者の方は下から攻める場合、ガードワークで重要になる足を器用に使う事もできません。

この足を器用にするトレーニングとしてはパスゲームというのをオススメします。

パスゲームはパートナーに上から攻めてもらい、自分は足だけを使って相手の動きを制する(パスガードを防ぐ)という練習です。

これをやると足が器用に動くようになるだけでなく、柔術に必要な腹筋も鍛えられます。

では、足が器用になるまではどうしたらいいのか?答えはクローズドガードです。

やはり、クローズドガードが一番ガード力も攻撃力も強いガードだと思います。

なんといっても、クローズドガードに入れてしまえば足の器用さはそれほど重要な要素ではなくなります。

ただ、クローズドガードだけをやっていると一向にガードワークに必要な足の動きが身につかないので、上記でお伝えしましたパスゲームと合わせて練習してみてください。

柔術が少しでも楽しくなり、上達されたら幸いです。

  1. トップビュー1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP