規約

契約書

第一条 本契約書は会員(以下「甲」とする)と、上野御徒町ブラジリアン柔術部(以下「 乙」とする)との間に合意された契約書である。

第二条 甲は別紙に定める乙の会則を遵守するものとする。

第三条 甲は乙へ、練習への参加頻度にかかわらず、乙が指定する方法で毎月12,900円( 女性11,900円/月4回プラン9,800円)の会費を支払う。

第四条 甲は以下の行為を行った場合に、乙の判断により退会となるものとする。
1 甲が乙の会則を遵守しなかったとき
2 甲が第三条で定める会費を3か月以上払わなかったとき
3 甲が、自ら又は第三者を利用して、乙や他の会員を誹謗、中傷したとき
4 甲が、自ら又は第三者を利用して、乙の機関に相応しくない行為又は言動をし たとき
5 甲が乙の注意・指導に従わないとき
6 甲が入会時に記載した事項に著しい虚偽があったとき
7 甲が、自ら又は第三者を利用して、乙又は他の会員に対して、威嚇行為、迷惑 行為、暴力行為を行ったとき
8 甲が乙又は乙が利用する施設の損壊や備品を持ち出したとき
9 甲が法令又は公序良俗に反する行為を行ったとき
10 甲が懲役刑以上の刑に処せられたとき
11 甲が拳銃、刃物などの危険物、爆薬などの発火物又は違法薬物等を乙が利用す る施設に持ち込んだとき
12 甲が過去5年以内に第十条に規定する反社会的勢力であったことが判明したと き、または現在、反社会的勢力に該当したとき

第五条 甲が退会を希望する場合は、乙が定める所定の手続き(1退会届の提出、2会費 滞納分の支払い)を完了して初めて退会できるものとする。手続きが完了し乙が退会を認 めるまでは、理由を問わず、甲は乙に対する第三条に規定する会費を支払うものとする。

第六条 甲は、甲の責めに帰すべき事由により、乙又は他の会員その他の第三者に損害を 与た場合は、甲は当該損害に関する責を負うものとする。

第七条 甲は、乙が利用する施設、行事、練習又は試合に関連して、甲自身が受けた損害 (盗難、怪我、事故を含む)に対して、乙が一切責任を負わないことに同意する。

第八条 甲は入会申し込み時に申請した内容が正しいものとし、その際、自分の心身の健 康状態、格闘技経験、反社会的勢力該当の有無、犯罪歴等の情報を開示するものとする。 入会後、入会申し込み時に申請した内容に変更があった場合、甲は乙に対してすみやかに 届け出をするものとする。

第九条 甲が自己都合で退会する場合、甲は退会する月の前月5日までに署名、捺印した 退会届を直接乙に提出することで退会できるものとする。甲は、電話、手紙、メール等で の退会受付は一切しないことに同意する。 甲が休会を希望する際には甲は休会する月の前月5日までに乙に所定の書面を提出するこ とで休会できるものとする。休会費は毎月1,000円(税別)とし、上限は12ヶ月までとす る。 

第十条 甲は、現時点及び将来にわたり、自己について次の各号のいずれの事項にも該当しないことを表明し、又は確約します。

1   暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)であること又は反社会的勢力であったこと。
2   自己又は第三者の不正の利益を図る目的をもってするなど反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること。
3   反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を図るなど反社会的勢力に利益を供与していると認められる関係を有すること。
4   反社会的勢力と密接に交際をするなど社会的に非難されるべき関係を有すること。
5   暴力的又は法的な責任を超えた不当な要求を行うこと。
6   風説を流布し、又は偽計若しくは威力を用いて、乙の信用を毀損し、又は乙の業務を妨害する行為を行うこと。

上野 御徒町ブラジリアン柔術部

会則

第一条 練習に参加する際には練習できる健康状態で参加してください。練習途中で具合 が悪くなった場合にはすぐにインストラクターに報告してください。

第二条 練習の際には自分が怪我をしないよう無理な行為は控え、早めにタップするよう にてください。

第三条 スパーリングの際には、自分が怪我をしない、そして、相手に怪我をさせないス パーリングを心がけてください。

第四条 常に相手への敬意と思いやりを持ちながら、練習およびスパーリングに参加して ください。

第五条 柔術のスパーリングのルールはIBJJFルールに従います。

第六条 練習中は、インストラクターの指示を常に聞き、守るようにお願いします。 第七条 自分の健康状態がすぐれないときは練習は控えてください。

第八条 練習中に怪我や出血をした際には、すみやかに、インストラクターに報告してく ださい。

第九条 清潔な胴着で練習に参加してください。汗が相手にかからないように、胴着の中 には伸縮性のあるTシャツやラッシュガード等を着用してください。

第十条 クラスには途中からの参加、終了前の退出は問題ありませんが、インストラクタ ーにお伝えください。

第十一条 高額な金銭などの貴重品は道場にはもちこまないようにお願いします。 第十二条 練習終了後は、会場の掃除や後片付けにご協力お願いします。 

PAGE TOP