護身術としてのブラジリアン柔術

最近、物騒な事件が増えています。

特に電車内で凶器を持った人が増えているように思います。

私自身も都内の電車に乗るので、いつ何が起こるか分からないと警戒しています。

もし、刃物を持った人が襲ってきたら??なんて事を心配されている方も多いかもしれません。

そこで、今日は護身術としてのブラジリアン柔術についてお話したいと思います。

私の個人的な考えとしてブラジリアン柔術には二通りあると思っています。

一つ目は競技としてのブラジリアン柔術。

もう一つは護身術としてのブラジリアン柔術。

元々、ブラジリアン柔術は後者だったと思いますが、ブラジリアン柔術も世の中に広まり、競技化が進む中で競技としてのブラジリアン柔術が確立されてきて、今は競技としてのブラジリアン柔術が主流かと思います。

ブラジリアン柔術部でも基本的には競技としてのブラジリアン柔術を教えています。

ただ、個人的にはナイフへの対処等も研究しており、ブライジリアン柔術を護身術として活かす事も練習しています。

日本は平和なので、今まではクラスでは行わなかった護身術ですが、昨今の状況を鑑みて護身術クラスも開設しようかと考え中です。

来年から打撃クラスは再開しようと思っていますが、リクエストが多ければ護身術クラスも開設します。

護身術とブラジリアン柔術に興味があるという方は是非、体験会もしくは見学にお越し頂きご意見をお聞かせ下さい。

お待ちしてます♪

上野御徒町ブラジリアン柔術部、小石川白山ブラジリアン柔術部の無料体験会の予約はコチラ!

LINEでのお問合せはコチラ!

  1. トップページ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP