ガードを上手くする秘訣について

最近、SNSを通じて、色々な方からご質問を頂くようになりました。

その中でも多い質問は『ガードを直ぐにパスされてしまうので、ガードが上手くなる方法が知りたい』という質問です。

自分の考えではありますが、こちらのブログでもご紹介したいと思います。

ガードで上手くいかないパターンは足が使えていないケースがとても多いです。

ガードの際に手を多用しているケースです。

もちろん、手も使いますが、自分の考えでは足のほうが重要です。

理由としては、上から攻めてくる相手は全身のパワーと自重で攻めてくるので、手だけでは直ぐに疲労してしまうからです。

その点、足の筋力は強いうえに、骨格で相手を支える事もできます。

足を上手く使えるようにする為にはパスゲームが最適の練習方法だと思います。

パスゲームというのは通常のスパーと違い、上下を決めてスタートします。

そして、パスをされたら一旦終わり、そしてもう一度上下を決めてからスタートします。

特に、手は使わずに足だけでガードをする練習などを交えると、より効果的です。

自分は今でも手を使わないでガードをする練習をします。

この練習方法はオススメなので、是非試してみてください。

  1. トップビュー1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP